ー「がんになっても自分らしく生きる」-を支援しています。 乳がんと女性特有のがんのための患者会 NPO法人ブーゲンビリア

会員の皆さまとの心のふれあいとサポートを大切にしながら活動している患者会です。
「明るく・仲良く・一生懸命」を合言葉に、会員さんの心に寄り添い、患者の声を反映した医療環境の実現を目指して活動しています。患者の声を医療現場や行政に届けて参ります。

ブーゲンビリアの活動についてのお知らせは こちら をご覧ください

Topics

ブーゲンビリアの五本の柱

学びのイベント、癒しのイベント

カレンダーのイベント名をクリックすると、それぞれのイベントの詳細ページをご覧いただけます。

読み込み中... 読み込み中...

アドボカシー活動、国際ボランティア

オンコタイプDX緊急要望書

オンコタイプDX緊急要望書 2017年5月16日に、NPO法人ブーゲンビリアでは「乳がんオンコタイプDX検査の早期保険適用承認」に関する要望書・署名を厚生労働省に直接伺い、乳がん患者の声を手渡し致しました。 2021年6 …

「がん対策の推進を求める国会院内集会」に参加、「国のがん対策の更なる推進を求める要望書」を提出しました

平成30年6月11日、全国がん患者団体連合会「がん対策の推進を求める国会院内集会」に参加し、厚生労働委員会所属の国会議員の皆さんに「国のがん対策の更なる推進を求める要望書」のロビイング活動を全国がん患者団体連合会理事長天 …

6月23日(金)~24日(土)第22回日本緩和医療学会学術大会のご報告

2017年6月23日(金)~24日(土)第22回日本緩和医療学会学術大会会場 パシフィコ横浜 患者アドボケイト ラウンジ(PAL)に谷合が参加しました。題名「市民 住民への乳がん啓発活動」で採択されたポスター発表を行いま …

6月15日、「治験コールセンターの設置を求める要望書」提出

2017年6月15日、「治験コールセンターの設置を求める要望書」提出 本邦における治験の環境整備にあたり、その一環として、まず「治験コールセンター設置を求める要望書」を、5団体で厚労省並びに国立研究開発法人国立がん研究セ …

協働・連携、本会の活動紹介

絵子の縁側便り

絵子の縁側便り 7月号 2022年7月1日内田絵子    色とりどりの朝顔に夏の訪れを感じる季節になりました。七夕・ラジオ体操・盆踊り・蝉の声・蚊帳・蛍・海水浴・花火大会・お盆行事・夏祭り・行水・風鈴・うちわ等の涼への演 …

【活動報告】2022年6月5日「“よく死ぬことは よく生きること パート13”いのちの輝き 地域で自分らしく生きるとは」 

2022年6月5日に開催しましたシンポジウム「“よく死ぬことは よく生きること パート13”いのちの輝き 地域で自分らしく生きるとは」 は、盛会のうちに無事終了いたしました。お忙しいところご参加いただきました皆様、ご登壇 …

絵子の縁側便り

絵子の縁側便り 6月号 2022年6月1日内田絵子  どんよりとたちこめる梅雨空、待ちわびていた雨を受けとめあでやかに咲く紫陽花。そんな雨の合間に少し明るく感じられる時があります。これが「梅雨明かり」とか。暗い日が、続く …

絵子の縁側便り

絵子の縁側便り 5月号 2022年5月1日内田絵子  新緑がまぶしい季節、ひとつ一つの葉が5月の日差しを受けていきいきと輝き・・・枝はたくさんの葉を茂らせ、まるで大きな手を広げて私たちを包んでくれているようです。  青葉 …

絵子の縁側便り

絵子の縁側便り 4月号 2022年4月1日内田絵子  暖かな陽をあびて、山全体に霞がかかったように咲きほころび春爛漫を演出する山桜、河川の堤防や城跡、公園の桜並木、桜のトンネル、桜吹雪に葉桜・・・その美しい風景に酔いしれ …

PAGETOP
Copyright © NPO法人ブーゲンビリア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.